MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

ほんの少しの勇気で人生が変わる!「最高の告白シーン」特集③『プライドと偏見』キライな気持ちが変わる…映画史上最高の告白シーン!

もうすぐバレンタインデーです。「一緒に過ごす人がいない…」、「なかなか自分の気持ちが伝えられない」と心配なあなたもこの映画を見れば、大丈夫!今回、バレンタインデーの訪れと共に、背中を押してくれる究極の告白シーンを集めました。是非、この映画を見て最高のバレンタインデーをお過ごしください!

『プライドと偏見』(2005)

U-NEXTで観る!(31日間無料トライアル)こちら

Amazonプライムで観る!字幕版

今回お送りする告白シーン映画は、『プライドと偏見』です。誰かに恋をしたとき、告白して振られてしまったとしましょう。その選択は、お互い心からのものでしょうか?告白する方もされる方も、しばしば、私たちはルックス、経済力、ステータスを見てしまい、ありのままの相手を見ることは難しいです。本作『プライドと偏見』も、“プライドと偏見”に惑わされながらも2人が互いに惹かれあっていくツンデレ恋愛映画となっております!

『プライドと偏見』の主人公エリザベスは、近くに住む青年ダーシーに惹かれていました。しかし、彼のプライドの高さや周囲の悪い噂への疑心感がぬぐえず、一度はそのプロポーズを断ってしまいます。プロポーズを断った後、あることがきっかけでエリザベスは再び彼のことを考えます。すると彼女は周囲の噂や上辺だけではわからない彼の本当の魅力に気づいていきます。その後、再びダーシーがエリザベスにしたプロポーズは、映画史上最高プロポーズとの呼び名も高い名シーンとなっております!

プライドも偏見もなしに、人を見ることは思いのほか、難しいです。この2つ以外にも金銭やステータスなどいざ告白するとなると気にしてしまうことばかり。しかし、ありのままの姿でぶつかっていく大切さをこの映画は教えてくれます。是非、“映画史上最高プロポーズ”と共に『プライドと偏見』を見て、今年のバレンタインをお楽しみください!

【ストーリー】
18世紀末のイギリスの田舎町。5人の姉妹が母親と暮らすベネット家の近所に、資産家ヒングリーが引っ越してくる。次女エリザベスはヒングリーの親友ダーシーに出会い、その高慢な態度に反感を抱くが。

【キャスト】
キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン ほか

【スタッフ】
監督: ジョー・ライト