MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

人類のフロンティア!宇宙に挑んだ人たちに勇気を貰える映画特集④『はやぶさ 遥かなる帰還』

野口聡一さんが宇宙ステーションに到着したことで、「宇宙飛行士」への注目は高まっています。一見すると華やかな職業に見えるが、宇宙とは常に危険や死と隣り合わせです。そんな宇宙に行ったことのある人間は、数えるほどしかいません。そこで今週の「今夜何観る」では、勇気を持って、人類のフロンティア「宇宙」に踏み出した人たちを描いた作品を特集します。

『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012)

Amazonプライムで観る!こちら
U-NEXTで観る!こちら
huluで観る!こちら

これまで紹介した3本はアメリカとソ連の出来事を描いた作品を紹介しました。言わずもがな、この2カ国は冷戦期より宇宙開発で激しい競争を繰り返してきました。そういった歴史的背景があるからか、宇宙に関する実話の映画は、やはりこの2カ国を舞台にした作品が多いのが現実ですファ、もちろん日本にも偉大な功績を残した人たちがいます。それが本作で描かれています。

7年間、60億キロの旅を経て小惑星「イトカワ」の微粒子を持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ」を地球に戻って来させるために尽力した人々の姿を描いたのが本作です。もちろんこれは世界初の偉業です。これだけ長い期間、長い距離を旅するプロジェクトですから、途中数々のトラブルに見舞われます。宇宙では何が起きるかわかりません。そんな困難にも負けずに、目標を果たした人たちの姿が描かれます。

これまで取り上げた作品もそうですが、一人で偉業を成し遂げた人は誰一人いません。常に仲間や家族に支えられて、その結果が大きな偉業に繋がりました。チームで大きな目標に向かう姿を描いたこの映画は、仲間と支えないがら、歩んでいく素晴らしさを教えてくれます。同じように仲間と大きな目標に歩んでいる人は本作にきっと勇気をもらえるでしょう。

 

【ストーリー】
はやぶさが地球から3億キロ離れたイトカワの地表に着陸し、岩石サンプルを持ち帰るという前人未到のミッションは、予定よりも3年延期になるアクシデントに見舞われ、ようやく打ち上げられた後も、エンジンの不良や燃料漏れなどさまざまな危機が続く。そうした困難の中、プロジェクトチームははやぶさを帰還させるため強く結束していく。

【キャスト】
渡辺謙、江口洋介  ほか

【スタッフ】
監督:瀧本智行