MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

俳優のアドリブから生まれた名シーン特集②『ローマの休日』観光スポットになるほど多くの人の記憶に残るアドリブ!

映画史上には、どんなに昔の作品でも色あせることなく長年にわたり愛され続ける名演技・名セリフが存在します。その中には実は予め、脚本に書かれているセリフや演技ではない、俳優から即興で生まれる演技・セリフもあります。そこで今週の「今夜何観る?」では俳優のアドリブから生まれた名シーンを紹介します!

『ローマの休日』(1953)

U-NEXTで観る!こちら

huluで観る!⇒ こちら

Amazonプライムで観る!字幕版吹替版

今回取り上げるアドリブから生まれた名シーン映画は『ローマの休日』です。オードリー・ヘップバーンの代表作として知られる今作には、ローマのあらゆる観光地が登場します。そのなかで最も有名なのが、「真実の口」です。本作の「真実の口」のシーンは、アドリブによるものでした。

「真実の口」は、壁に彫られている顔型の彫刻のことで「嘘つきがその口に手を入れると手が抜けなくなる」という言い伝えで知られる場所です。劇中で新聞記者のジョーを演じたグレゴリー・ペックは、「真実の口」に手を入れる際、オードリーを驚かせようと実際に手がなくなるフリをしました。このシーン、事前に彼女には何も知らされておらず、オードリーはグレゴリー・ペックの手が本当になくなってしまったと勘違いし思わず声を上げて驚きました。

ちなみに監督のウィリアム・ワイラーは何度もテイクを撮る完璧主義者で「ナインティ・テイク・ワイラー(90回テイクのワイラー)」と呼ばれています。しかし、なんとこのシーンはその“自然な演技”からたった1度のテイクで終わったそうです。またこのシーンは、監督だけでなく多くの人の印象に強く残り、「真実の口」はローマの名所の一つとして今でもなお多くの観光客が訪れる場所となっています。是非、『ローマの休日』で「真実の口」を訪れた気分を味わってみてはいかがでしょうか?

【ストーリー】
ヨーロッパを周遊中の某小国の王女アンは、常に侍従がつきまとう生活に嫌気が差し、滞在中のローマで大使館を脱出。偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョとたった1日のラブストーリーを繰り広げる。

【キャスト】
オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック ほか

【スタッフ】
監督:ウィリアム・ワイラー