MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

ムービーマービーが”勝手に”選ぶ「ショーン・コネリー」映画ベスト10!③ 第2位『アンタッチャブル』(1987)

先日90歳でこの世を去った名優ショーン・コネリー。イギリス海軍やトラックドライバー、さらには重量挙げの選手を経て俳優に転身した彼は、初代ジェームズ・ボンドとして世界中で人気を博し、後に『アンタッチャブル』でアカデミー賞を獲得。名実ともに映画史に残る「銀幕のスター」として活躍しました。人生の半世紀以上を芝居に捧げてきたコネリーは、2006年に俳優業を引退するまで出演した作品数は60を超えます。そこで今回の「今夜何観る」では、コネリーが出演したおススメ映画を作品をランキング形式でお届けします!

今回は2位を発表!

第2位『アンタッチャブル』(1987)

U-NEXTで観る!⇒ こちる

Amazonプライムで観る!⇒こちら

栄えある2位に輝いたのは、言わずと知れたブライアン・デ・パルマ監督の傑作『アンタッチャブル』です。禁酒法下のシカゴを舞台に、財務省の捜査官エリオット・ネス率いるチームが暗黒街の帝王ことアル・カポネの摘発に乗り出す犯罪サスペンス映画です。本作で主人公ネスを支える老警官ジム・マローンを演じたショーン・コネリーは、第60回アカデミー賞助演男優賞、第45回ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞しています。

この映画はどこを取っても見どころだらけです。ブライアン・デ・パルマによる最高にクールなカット割りや演出の数々、一度聴いたら耳から離れないエンニオ・モリコーネの重厚な音楽、西部劇を彷彿とさせる激しいガンファイト、ロバート・デニーロ演じるアル・カポネの恐ろしくも憎たらしい芝居などなど、まさに“映画らしい映画”と言えるでしょう。今もなお語り継がれる、クライマックスの見どころのひとつ、ユニオン駅での銃撃戦はデ・パルマお得意のスローモーションとモリコーネの音楽が組み合わさった屈指の出来です。

コネリーは007で世界的な人気を獲得したものの、ジェームズ・ボンドのイメージが強すぎて以降の作品ではなかなかヒット作に恵まれずにいましたが、本作での演技が高く評価れ、見事に再起を果たし、名実ともに“名優”と呼ばれるようになったのです。

【あらすじ】
禁酒法下のシカゴを舞台に展開する財務省特別捜査官エリオット・ネス率いるチーム“アンタッチャブル”と暗黒街の帝王アル・カポネの戦いを描く。

【キャスト】
ケビン・コスナー、チャールズ・マーティン・スミス、アンディ・ガルシア、ロバート・デ・ニーロ、ショーン・コネリー

【スタッフ】
監督 : ブライアン・デ・パルマ