MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

火薬量がすごい!映画を彩る凄まじい爆破シーン4選 ④『トランスフォーマー/リベンジ』/歴史的建造物もお構いなし!破壊王マイケル・ベイ屈指の爆破シーン!

現在ではCG技術が発達し、映画の爆発シーンはまるで本当に起きているように見えます。しかし、CGが発達しても時間と労力をかけて、“本物の迫力”にこだわる映画人たちはまだまだたくさんいます。そこで今週の「今夜何観る?」では一見、CGに見えるけど実は本当に爆発させている凄まじい爆破シーン映画を紹介します!

『トランスフォーマー/リベンジ』(2009)

Amazonプライムで観る! 字幕版吹替版

Netflixで観る!こちら

映画ファンにはおなじみの破壊王マイケル・ベイ監督。とにかく映画内で爆破させるシーンが多いことが有名で、以前、アメリカの雑誌で「マイケル・ベイ映画の爆破シーン BEST10」という特集が組まれたことがあるほどその爆破力は自他共に認める強烈な個性です。今回、ご紹介する映画はエジプトでの空爆のシーンが人々を驚かせたシリーズ第2作『トランスフォーマー/リベンジ』です。

本作の一番の見どころは、映画クライマックスの空爆シーン。砂漠での航空戦ではかなりの量の建物を爆発しており、観客を驚かせます。ちなみにこのシーンで使われたガソリンは約3785リットルで、当時のギネス記録を更新しています。また爆発担当だったスタッフのジョン・フレイザーはこのシーンの準備だけで、7か月もの期間を費やしました。

本作はエジプトの歴史的建造物であるピラミッドでの撮影も行われました。しかし、ピラミッドでの撮影中にシモンズ役のジョン・タトゥーロがその一部を破壊してしまうというハプニングも起きたそう。マイケル・ベイ監督にそのことを責められたジョン・タトゥーロは「そんな4000年も歴史ある場所で映画を撮影する方がおかしい」とマイケル・ベイの方を責めたという破壊王作品ならではのエピソードも残っています。ピラミッドまでをも破壊してしまうマイケル・ベイ監督が作り上げた爆破シーン、是非ご覧ください!

【ストーリー】
2007年に大ヒットを記録したSFアクション大作「トランスフォーマー」の続編。正義のトランスフォーマー“オートボット”との戦いに敗れた悪の“ディセプティコン”が、合体トランスフォーマーのデバステイターや、メガトロン以上に凶悪なフォールンら、新たな仲間を引き連れて再び地球を襲い、戦いを巻き起こす。

【キャスト】
シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル ほか

【スタッフ】
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ