MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

映画が誕生してから100年以上!映画の都「ハリウッド」に生きる人々の栄光と挫折を描いた作品④『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ハリウッド黄金期の光と闇!タランティーノが魔法をかける!!

「映画」が誕生して既に100年以上が経過しています。映像メディアの中ではもちろん一番の歴史を持っています。その歴史の中で、現在に至るまで長きに渡り「映画の都」として君臨しているのがアメリカ、ロサンゼルスにある「ハリウッド」です。そこで今週の「今夜何観る」では映画の都ハリウッドに生きる人たちの栄光と挫折を描いた映画を特集します。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)

AmazonPrimeで観る ⇒ 字幕版吹替版

YouTubeで観る ⇒ 字幕版吹替版

ハリウッドの黄金時代と言われた1969年の光と闇を描いたこの映画、落ち目のスター俳優とその付き人兼スタントマン、そして新しく光を放ち始めた女優、シャロン・テートが物語の核となっていきます。もちろんその「闇」というのは実際に起きた「シャロン・テート惨殺事件」のことです。

当然映画を観るうえで、私たちはその事件が描かれることを知っています。つまりマーゴット・ロビー演じるキラキラしたシャロン・テートがいつ殺されてしまうか、私たちはそんな不安な気持ちで映画を見守ります。しかし、ストーリーの軸はあくまでディカプリオ演じる俳優のリックと、その付き人のクリフです。彼らはあらゆる面で対照的ですが、そんな彼らがショウビジネスという殺伐とした舞台で友情を育む姿はおかしくもあり、楽しくもあります。

そして物語の終盤、タランティーノは歴史にある魔法をかけます。それが最高に楽しい展開となっていきます。映画の都ハリウッドで、こんな映画みたいな、素晴らしいことが起きたら素敵じゃないか!タランティーノがそう叫ぶのが聞こえてくるような映画の結末に私たちも幸せな気持ちになります。

〈ストーリー〉
テレビ俳優として人気のピークを過ぎ、映画スターへの転身を目指すリック・ダルトンと、リックを支える付き人でスタントマンのクリフ・ブース。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに神経をすり減らすリックと、いつも自分らしさを失わないクリフは対照的だったが、2人は固い友情で結ばれていた。最近、リックの暮らす家の隣には、「ローズマリーの赤ちゃん」などを手がけて一躍時代の寵児となった気鋭の映画監督ロマン・ポランスキーと、その妻で新進女優のシャロン・テートが引っ越してきていた。今まさに光り輝いているポランスキー夫妻を目の当たりにしたリックは、自分も俳優として再び輝くため、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意する。そして1969年8月9日、彼らの人生を巻き込み、ある事件が発生する。

〈キャスト〉
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー ほか

〈スタッフ〉
監督:クエンティン・タランティーノ