MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

映画が誕生してから100年以上!映画の都「ハリウッド」に生きる人々の栄光と挫折を描いた作品①『サンセット大通り』サイレント映画時代に取り残された大女優の妄想

「映画」が誕生して既に100年以上が経過しています。映像メディアの中ではもちろん一番の歴史を持っています。その歴史の中で、現在に至るまで長きに渡り「映画の都」として君臨しているのがアメリカ、ロサンゼルスにある「ハリウッド」です。そこで今週の「今夜何観る」では映画の都ハリウッドに生きる人たちの栄光と挫折を描いた映画を特集します。

『サンセット大通り』(1950)

AmazonPrimeで観る ⇒ こちら

ハリウッドに生きる人々を描いた映画の代表格ともいえる作品です。70年前の映画ですが今もなお映画史に輝く名作映画である本作はサイレント時代の大女優の狂気を描いた映画になっています。

この映画はまさにハリウッド映画人の挫折が大きなポイントです。というのも映画の歴史においてサイレント映画からトーキーに変わった時に、多くの映画人が挫折を味わいました。声を出せない俳優は次々と落とされていきます。本作の主役であるノーマ・デズモンドもサイレント映画時代の大女優でありながら、サイレントの時代が終わると必要とされなくなってしまいます。大女優であるがゆえにいつでも復帰できると思っている彼女ですが、時代はどんどん進んでいきます。自分一人だけが取り残されてしまっているのです。

「自分はいつでも第一線に帰ってこれる」、そんな妄想に憑りつかれ、次第に正気を失っていくノーマ。過ぎ去った時代にしがみ付く人は、時代に取り残されてしまいます。それはショウビジネスの世界だけではありません。時代の流れについていけない人は忘れ去られてしまいます。大女優の挫折は、実は私たちにも通ずる社会で生き残るヒントが隠されているのかもしれません。


〈ストーリー〉
売れない脚本家ギリスは、無声映画時代の大女優ノーマの家へ迷い込む。華やかな世界への返り咲きを願う彼女は、ギーリに脚本の手直しを頼むが……。

〈キャスト〉
グロリア・スワンソン、ウィリアム・ホールデン ほか

〈スタッフ〉
監督:ビリー・ワイルダー