MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

StayHomeでStayTravel!「旅」映画で元気と勇気を貰う特集②『オン・ザ・ロード』アメリカの広大な大地で自由を求め旅をする!その若者の姿はあまりにも眩しい!!

新型コロナウイルスに加えて記録的な猛暑の影響か、ますますStayHomeの風潮が強くなっている今日この頃。ですがやっぱり夏は外に出て、旅に出かけたくなりますよね。そこで今週の「今夜何観る」はStayHomeでStayTravelということで、「旅」で元気と勇気を貰える作品を取り上げたいと思います。

『オン・ザ・ロード』(2012)

AmazonPrimeで観る ⇒ 字幕版

YouTubeで観る ⇒ 字幕版

作家ジャック・ケルアックの自伝的な小説「路上」を映像化した本作。日本人にはあまり馴染みのない作家かもしれませんが、彼は1950年代から1960年代にかけて、アメリカの文学界で異彩を放った作家グループ「ビート・ジェネレーション」を代表する作家であり、代表作「路上」はジョニー・デップやボブ・ディランを始めとした多くのアーティストにも影響を与えました。また本作は、製作総指揮を務めたフランシス・フォード・コッポラが映画化権を獲得し約30年かけてようやく実現した念願の企画でもあります。

本作ではアメリカ大陸を旅する3人の若者たちの姿が描かれています。果てしなく広大な大地に敷かれた「道」の上を若者たちが旅をする、そんな映像を観ているだけで不思議と感動し、羨ましいとすら感じます。広大な地で自由を求め、自身を開放している彼らの姿は、窮屈な都会で自分を押さえつけながら生きていかなくてはいけない日本という国に住んでいる私たちにはあまりにも眩しすぎます。

どんな旅にもいつかは必ず終わりが来ます。それでも人生は続きます。一歩を踏み出した旅の経験は、必ずその先の人生でも糧になります。この映画の主人公は、まさにジャック・ケルアック本人であり、この映画で描かれた「路上」での経験からこの小説を書きあげました。人生は「路上」からでも変えることが出来るのです。若者たちのエネルギッシュな生き様は、そんな勇気を私たちに与えてくれます。

〈ストーリー〉
父親の死に打ちのめされた若き作家サル・パラダイスは、社会の常識やルールにとらわれない型破りな青年ディーン・モリアーティと出会い、ディーンの美しい妻メリールウにも心を奪われる。3人はともに広大なアメリカ大陸を旅し、さまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら、人生の真実を見出していく。

〈キャスト〉
サム・ライリー、ギャレッド・ヘッドランド、クリステン・スチュワート ほか

〈スタッフ〉
監督:ウォルター・サレス