MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

共感シアター「おうちDeシネマWeek!」特集⑤『幽幻道士 キョンシーズ』

コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令された現在、映画館も休業となり自宅で映画を見ている人も多い。そんな中、共感シアターではオンライン上でみんなで映画を楽しむ特別企画「おうちDeシネマWeek!」実施する。今回の「今夜何観る」では本企画で取り上げる映画をご紹介し、見どころポイントをお伝えします!

『幽幻道士 キョンシーズ』(1985)
空前の「キョンシー」ブームの火付け役!可愛くて強いテンテンに日本熱狂!

Amazonプライムで観る!⇒こちら(吹替版)

ゾンビと吸血鬼を合わせた中国を代表する妖怪キョンシー。香港で1985年に製作された映画『霊幻道士』はホラー映画でありながら、カンフーあり、コメディありのエンタメ作品としてアジア圏で大ヒット。その後はシリーズ作品やスピンオフ、亜流作品などが国を超えて大量に製作された。

今回ご紹介する『幽幻道士 キョンシーズ』は台湾で製作された亜流キョンシー作品ではあるが、子供たちがキョンシーと戦うという設定で対象年齢も低めになり、老若男女が楽しめるシリーズとなった。日本でも1987年にテレビで初めて放映され大きなブームを巻き起こし、後にTBSでテレビシリーズも製作されるほどの人気を博した。

【見どころ①】独特なキョンシームーブ!
やはりキョンシー最大の特徴といえば、その独特な動き方だろう。死後硬直の死体を導士が呪術で歩かせたという伝承から、手足の関節を曲げずにピョンピョンと飛び回る姿が非常に印象的だ。意外にもカンフーを使いこなし、腕に自信のある強者すらも圧倒するほど。さらに、生者はキョンシーに影を踏まれると、身動きが取れなくなるという「呪い」攻撃をもっており、古今のムービーモンスターのなかでもかなりの強さを誇る。ちなみに日本では当時キョンシームーブを真似する子供たちが続出。黄色いチラシの裏紙を利用して、お手製のお札を作ってごっこ遊びをしたものだ。

【見どころ②】可愛すぎるヒロイン“テンテン”
主人公のテンテンの可愛らいさに日本中が熱狂!導士のおじいちゃんに仕込まれたおかげで、幼いながらも
呪術を使い現世と冥界をつなぐことすら出来てしまう。また、おしゃまな一面も持っており、自分に好意を寄せる男の子を上から目線で手玉に取るなど、そんな小悪魔的なテンテンに誰しもが夢中になった。

<ストーリー>
大道芸人の親方に連れられて旅回りをしている孤児のチビクロ、スイカ頭、デッパ、チビトラは、森の中でキョンシー隊に遭遇し、いたずら心からキョンシーのお札をはがしてしまう。するとキョンシーは暴れはじめ、親方が影を踏まれてしまう。それ以来、親方は不運な出来事が続くようになり、ついには児童虐待で警察に逮捕されるハメに。行き場を失ったチビクロたちは道士の金おじいさんの元に引き取られ、彼の孫娘テンテンと出会う。

810MivAZBvL._SX300_

監督:チャオ・ツォンシン

キャスト:シャドウ・リュウ、リュウ・ツーハン

※関連記事※
共感シアター「おうちDeシネマWeek!」特集①
『ネバーエンディング・ストーリー』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-144/

共感シアター「おうちDeシネマWeek!」特集②
『大怪獣モノ』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-145/ 

共感シアター「おうちDeシネマWeek!」特集③
『名探偵コナン 紺青の拳』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-146/ 

共感シアター 「おうちDeシネマWeek!」特集④
『ランボー』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konnyananimiru-137/