MOVIE MARBIE|映画バズ 〜映画のネタで一日をハッピーにしちゃうメディア〜

業界初、映画バイラルメディア登場!MOVIE MARBIE(ムービーマービー)は世界中の映画のネタが満載なメディアです。映画のネタをみんなでシェアして一日をハッピーにしちゃおう。

検索

閉じる

素晴らしき特殊メイクの世界!メイキャップアーティスト、カズ・ヒロ特集③『マット・ファット・ワイフ』

今週末に公開される映画『スキャンダル』ではカズ・ヒロ(辻一弘)が特殊メイクを担当し、見事2度目のオスカーを獲得した。そこで今週の「今夜何観る」では映画を作る上で、俳優の役作りにも欠かせない特殊メイクの世界で今最もホットな人物となっているカズ・ヒロが特殊メイクを担当した作品を紹介。特殊メイクの視点から映画を見ていく。

『マット・ファット・ワイフ』(2007)
エディ・マーフィ演じる太った女性の特殊メイクが凄まじい。

■YouTubeで観る⇒こちら

■GooglePlayで観る⇒こちら

エディ・マーフィが一人で三役を務めたコメディ映画。如何にもエディ・マーフィらしいコメディ映画というような仕上がりになっており、マーフィは演じた三役全てでラジー賞を受賞するという不名誉な快挙を果たしてしまったこの映画。しかし、この映画の見所は何と言ってもエディ・マーフィに施された特殊メイクである。

8ef93bd30ed74536f5c210e14b58f1a76153f21c

この映画では普通のマーフィ以外に、太った女性を演じたエディ・マーフィと、白人男性を演じたエディ・マーフィが登場する。これだけでもう既に凄まじい絵面なのだが、施された特殊メイクも半端じゃない。特に太った女性の特殊メイクはもはや引いてしまうほどに凄まじく、だけどちゃんとエディ・マーフィだと認識できるギリギリのラインを保っている。この映画を観ていると改めて特殊メイクの凄さを感じることが出来る。性別すらも変えてしまうのだから。

maxresdefault

確かに下品な映画ではあるし、ラジー賞にノミネートされたのも納得なのだが、一方であの特殊メイクはアカデミー賞にノミネートされる程に評価されたのも納得である。ところで前回紹介した『もしも昨日が選べたら』やアカデミー賞を受賞した『ウィンストン・チャーチル』、『スキャンダル』でもそうだが、どうやらカズ・ヒロは太らせる特殊メイクが得意なのかもしれない。

【ストーリー】
孤児院で育ったノービットは幼いながらにケイトと結婚の約束を交わすが、彼女は里親へ引き取られてしまう。やがて、優しいが気の弱い人間に成長した彼は、巨漢で強引なラスプーシアと結婚するが、暴力的な彼女とその兄弟に虐げられる日々。そんなある日、ケイトが婚約者と共に、孤児院の経営を継ぐため町に戻ってくる。しかしその男は、ケイトを騙して孤児院を乗っ取る策略を練っていた。企みを知ったノービットは立ち上がるが…。

【キャスト】
エディ・マーフィ、エディ・マーフィ、エディ・マーフィ ほか

【スタッフ】
監督:ブライアン・ロビンス

※関連記事※

カズ・ヒロ特殊メイク特集①『グリンチ』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-112/

カズ・ヒロ特殊メイク特集②『もしも昨日が選べたら』
http://moviemarbie.com/konya_nanimiru/konyananimiru-113/