【今夜何観る?】雨のシーンが忘れられない映画 #2 SF映画の金字塔『ブレードランナー』舞台は酸性雨の降りしきる退廃した都市。

【映画史に残る忘れられない雨のシーン】#2
『ブレードランナー』

原作はフィリップ・K・ディック著の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
21世紀初頭、遺伝子工学技術の進歩により、レプリカントと呼ばれる人造人間を発明し、彼らは優れた体力に、創造した科学者と同等の高い知性を持っていた。舞台は2019年のロサンゼルス。地球に残った人々は酸性雨の降りしきる、高層ビル群が立ち並んだ人口過密の大都市での生活を強いられていた。

日本のネオン街を思わせるような近未来の退廃都市に、大気汚染のため酸性雨が降り続く。過酷な奴隷労働に従事するためだけに製造されたレプリカントのロイ(ルトガー・ハウアー)は本作中で「思い出も時と共に消える。雨の中の涙のように。」という名言を残した。

20130307142533

640 (10)

640 (9)

スクリーンショット 2019-07-02 12.38.37

【あらすじ】
2019年、惑星移住が可能になった未来。レプリカントと呼ばれる人造人間が謀反を起こし、地球に侵入。レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカードは追跡を開始する。一方、彼は製造元のタイレル社でレイチェルというレプリカントに会い、心を通わせていくが……。熱心なファンによって支持され、カルト化したSFハードボイルド・アクション。


【配信はこちら】(ファイナル・カット版)

プライムビデオ

dtv

TM & (C)2017 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved

ページトップへ